メニュー

オーソモレキュラーの導入によるサルコペニアフレイルの回避

生物学者の福岡伸一は、「変わらないためには少しずつ入れ代わる必要がある」という「動的平衡」を提唱しました。

DNAを調べても、入れ代わらない部分は改善が難しいのです。

そこで栄養素レベルの解析に留めます。

オーソモレキュラー(分子整合栄養医学)です。

15㎖程度程度の血液を解析して、72項目の心身の状態を確認します。ヒトは100%食べたものでできています。75%の心身の不調は、不足している栄養素を摂取・吸収・代謝に配慮して補うことで改善されます。25%は生活習慣と家系的な弱点および遺伝子疾患です。ダウン症でも免疫力を整えることで、15歳の健康寿命を60歳に引き上げることは可能です。

発症前の「未病」の段階で病気の発症を予測し予防する事が可能で、さらに健康の回復、維持、増進を図ることができます。

加齢と共に5人に1人は介護が必要となり、2人に1人は癌になります。これらを回避して、エレガントでダンディな人生を目指します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME