メニュー

はじめての方

ヒトの体の組織で最も硬い歯ですが、一度削ると二度と戻ってこない組織です。

虫歯菌は、免疫系が不安定な3歳から6歳の間に、主にお母様の唾液の虫歯菌が口に入って感染することが分かってきました。

そこで治療の前に、虫歯を掘るミュータンス菌、掘る道具のスコップの役割をする乳酸桿菌、虫歯菌から歯を守る唾液の量や質の検査をします。

当院は初診の方に検査をお勧めしています。
  1. 歯周病菌・虫歯菌に感染しているか否かを調べる唾液検査
  2. ガスクロマトグラフィーによる口臭検査

この検査によって歯周病・虫歯に対する口の中(舌・唾液腺・歯肉・歯)の防御能力を調べ、今後の治療方針を決定しています。

 ※上記検査は保険適用外の検査です。(学生無料)

  所要時間:約30分 費用:5,000円(+税) 

治療について

1.できるだけ歯を損傷しないように細心の注意を払います。
2.歯の神経(歯髄)を温存して、神経を残す治療を基本とします。

歯は神経がなくなると代謝を失って脆くなり破折などのリスクが高まり、冷温の知覚が失われて防御力が低下します。歯はエナメル質の代謝は微量ですが、歯の中は血液が流れているので、虫歯に反応して、歯髄を守るために二次象牙質という骨ができるような石灰化が起こり、象牙質が厚みを取り戻します。特殊なミネラルを塗布して、この二次象牙質の生成を促進し、さらに食事から栄養素を供給することで歯を内側から強化します。

3.メタルフリー治療を推奨します。

携帯電話やパソコンが普及して電磁波が多い環境では、歯の詰め物や被せもの、土台に金属が使われていると「コヒーラ現象」による電磁波障害を招きます。肩凝り、偏頭痛、交感神経過緊張、歯ぎしりくいしばり、顎関節症等の症状のほか、イオン化した金属を常に飲み込むので、金属アレルギーや花粉症をはじめとするアレルギーを助長します。その他掌蹠膿疱症性、掌蹠膿疱症性骨関節炎の一因になります。これらは口から繋がる消化器系の小腸の細菌増殖症や恒常性を維持しているホルモンのバランスの影響も受けるので、それらの精査も確認します。

徹底したメタルフリー治療により、県内だけではなく県外からも患者様が来院されています。

4.生体親和性に配慮した材料を選別して用います。

審美性に優れているセラミックやジルコニアですが、硬すぎるためにストレスを招き、脆さを補うために用いる金属が歯肉に炎症を招き、歯周病の一因になります。

5.ご遠方の患者様でも最短の来院回数で治療を進めることができます。

10分程度で被せ物・詰め物の作成が可能な「セレックシステム」を導入しています。

6.歯の削合は除菌のための予防処置を行った後に施術します。

象牙質はパイプ構造になっており、スポイトのように細菌を吸着してしまいます。

そのため口腔内に歯周病菌や虫歯菌がたくさんいる状態で治療を開始してしまうと

歯の中に細菌が吸い込まれてしまい、虫歯を繰り返してしまいます。

7.歯周病・虫歯予防に力を入れています。

歯周病、虫歯をはじめとする口の中の病気は感染症であり、同時に心身のコンディションが大きく影響します。感染症を改善して、心身の健康状態の向上を図ることが大切です。

口腔内の感染症 予防方法
  1. 口の中の歯周病菌・虫歯菌を除菌(リセット)する
  2. 善玉菌のバイオフィルムを作る

詳細は口腔内細菌叢のリセットをご覧ください。

心身のコンディションを整える 

メディカルチェック(問診・血液検査・尿検査)で現在の体の状態を確認します。

全74項目の血液検査結果をもとに未病・家系的弱点・生活習慣・栄養欠損・皮膚免疫・自律神経のバランス・ホルモンバランス・消化器系(唾液腺・胃・小腸・大腸)とその他の臓器のコンディションを確認します。心身のコンディションを整え、欠損している栄養素をサプリメントで補います。

※メディカルチェックは保険適用外の検査です。

 所要時間:約30分 費用:16,000円(+税)

まずは、電話予約をお願いします。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME