メニュー

歯を失う主な原因は虫歯と歯周病

歯の仕組み

①エナメル質

ヒトの体で最も硬く、代謝しにくい組織

歯を守る鎧の役目

虫歯や破折で失うと再生しない

②象牙質 ③歯髄 ④二次象牙質

エナメル質の下にあるのが象牙質

パイプ構造でクッションの役目

その内側に神経や血管が通る歯髄がある

虫歯や加齢、歯ぎしりでエナメル質がすり減ると象牙質が露出して

スポイトのように口の中のバイ菌が吸い込まれる

バイ菌の侵入を防ぐために歯髄で二次象牙質が作られる

⑤歯槽骨 ⑥歯肉

歯は歯槽骨で支えられて歯肉(歯周組織)で被われている

歯周組織は代謝するので心身のコンディションを受けやすい組織

⑦舌

歯とともに観察できる臓器

心身のコンディションがあらわれ、脂肪が付きやすい

⑧唾液腺

唾液を作る臓器

刺激(噛む・旨味・臭いなど)で分泌量が増える

⑨顎骨 ⑩下顎骨隆起・正中口蓋隆起

顎を支える骨、加齢の影響を受けやすく骨粗鬆症になるが、歯にストレスが加わると風船のように隆起する(下顎骨隆起・正中口蓋隆起)

歯と歯周組織をオーソモレキュラーで解析

クリックすると拡大します

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME