高崎 清水歯科医院 口腔内科 歯科 小児歯科 インプラント

お問い合わせ
メインイメージ
高崎 口腔内科 歯科

口腔内科は体の不調を整えるための切り札です

 歯科医療は建築学的な処置を施す「虫歯の治療」と、自然治癒力が働く手助けをする「歯周病の治療」の二つに大別されます。
 現代の社会は、パソコンや携帯電話が爆発的に普及しています。それに伴って、地球上を飛び交う電磁波が有史以来の強さになっています。一方で、歯に施される被せものや詰め物の材質は、1975年に健康保険に導入されて以来ほとんど変わっていません。自然環境や社会環境の変化に、対応できていないのが現状です。
 その結果、私たちの体には様々な悪影響が発現するようになってきました。
 そこで、歯の詰め物の悪影響とデトックスの重要性、全身疾患に関わる歯周病とリスクファクターとなる冷え性の改善方法、食養法やサプリメントの活用法、さらには気功や呼吸法まで研究の対象を広げてきました。
 口腔内科とは「口腔に症状をおよぼす全身性の疾患を診断し、外科的なアプローチとは異なる方法で口腔疾患の治療を行なうもの」とされています。当院では様々な分野の知見と長年に渡る臨床研究を通して築き上げたノウハウを駆使し、健康を求めるみなさまに、口腔内科の診療を通して「真の健康」をご提供いたします。

【例】全身疾患を引き起こす歯周病治療で体調の変化が

 歯周病は感染症です。歯周病菌が関与して歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。一度目減りした骨は元の量に回復しないので、歯周病は日々の予防が大切です。
 近年,歯周病が全身疾患に関わっていることがわかってきました。アルツハイマー症候群、心臓病、骨粗しょう症、糖尿病、低体温出産などです。
 歯周病の改善には、口の中の金属を取り除く必要があります。金属の被せ物や詰め物を取り除いた上で、歯周病の原因となる細菌、カビ菌を除菌するなど様々な対策を講じます。患者さんが最も自覚しやすい変化は口臭です。体調の変化を自覚される方もあります。



【例】温浴によるデトックス(ホロトロピックハイルシュトーレン)

 体の中に蓄積された重金属イオンを排出する有効な方法に温浴療法「薬石イオン浴(メディカルストーンスパ)」(当院登録商標)があります。
 人間がかく汗は、アポクリン腺から出る汗と、エクリン腺から出る汗があります。アポクリン腺は運動時などに働きます。アポクリン腺から出た汗は放置すると臭くなります。反対にエクリン腺から出る汗は放置しても腐りにくい性質で、汗に含まれる重金属イオンが影響しています。
 「薬石イオン浴(メディカルストーンスパ)」はエクリン腺に働きかけ、体に溜まった重金属イオンを排出するというもの。
 当院はこの温浴治療を目的とした施設「ホロトロピックハイルシュトーレン」をつくりました。同施設は体を汚染する重金属のデトックス(拝毒)と、歯周病のリスクファクターとなる冷え性体質の改善を目的としています。
   冷え性体質の人はサウナのような高温で乾燥した空間では発汗できずに苦しくなったり、熱いお風呂に入るとアドレナリンを過剰に分泌するため湯冷めをしてしまいます。「ホロトロピックハイルシュトーレン」で行う温浴療法は頑固な冷え性体質の方でも心地よく発汗できるのが特長で、効率よく健康的なデトックスを目指しています。

清水歯科医院診療スケジュール
ホロトロピックハイルシュトーレン
矢山医院
清水歯科医院(藤岡市)
日本絹の里